読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:2年1組(第3回)

2015年度2年1組

◯ 『ケチルさんのぼうけん』 たかどのほうこ

◯ 『オー・スッパ!』 越野民雄/文、高畠純/絵

ケチルさんのぼうけん (フレーベル館の新秀作絵本 (8)) オー・スッパ (講談社の創作絵本)

みんなしっかり席について静かに待っていた。先生が厳しいらしい。始めようとすると、すかさず先生が何人かの子を注意していた。

 

『ケチルさんのぼうけん』

 これは私の大のお気に入りの絵本。

 

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

  おそらく去年も読んだはずなので、「これ、覚えてる?」と聞いてみた。数人の子が「覚えてる!」と言ったが、首を傾げている子、ちょっと間を置いて「あ、ああ・・」と思い出しかけている子、全然覚えていない(ほんとに知らなかったのかな)子など、様々だった。とにかく、この絵本はみんなに覚えていて欲しいから、何度も読みたいと思う。ちょっと長いので、定番絵本にはできないけれど。

 私はもう15年前からこの絵本を読んでいるので、読み方はお手の物。ただ、それが裏目に出て、ちょっと(私の)集中力が切れることがある。うっかり別のことを考えながら読んでもスラスラと読めてしまうのだ。いけない、いけない、新鮮味がなくなって、心がこもらなくなってはいけない。

 子どもたちは静かに聞いていたので、反応はよくわからなかった。

 

『オー・スッパ!』

 いろんな動物が次々にレモンを食べてしまって「スッパ!」と悶える様子を、どの動物の独白で書いている。ストーリーとしては、それだけ。

 でも、酸っぱい感じがよく出ていて私は好きだ。思わず口の中につばがたまってくる。

 

 この2冊でちょうど10分使ってしまったので、締めの1冊は無しでおしまい。ここで子どもたちを見ると、ちょっとグタ~っとしている子もいた。あらら。