読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:4年2組(第1回)

◯ 素話 『白い石と黒い石』

◯ 絵本 『100万回生きたねこ佐野洋子

 

 4年1組は今年度4回もあったのに、2組はなんと今日が最初で最後。

 数分前に行ってみると、席替えだとかで、ガタガタと机と椅子を移動している最中だった。時間通り始められるのかちょっと心配になったが、さすが4年生、さっさと移動を済ませてきちんと席についた。

 まず、先月1組で好評だった『白い石と黒い石』を語った。今日はなぜか、私の出来はあまりよくなくて、言うべき言葉を飛ばしてしまったりしたが、みんな真剣に聞いてくれて、オチには納得してくれたようだ。

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

  この話は意外と理解しやすいのかもしれない。 一休さん吉四六さん、彦いちなどのとんち話にはキョトンとされてしまうこともよくあるのだが、これは大丈夫みたい。それとも、4年生だからなのか。

 

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 これはさすがに知らない子はいなかったようだ。国語の教科書の「4年生の本棚」にも紹介されているはず。

 それでも、これだけの名作、シーンとして集中して聞いてくれた。おかげで私は声を張り上げることもなく、しんみりと読むことができた。子どもはまだこの絵本で涙をながすことはないのだが、将来また出会ってくれるといいなと思う。その時はもっと心にしみるものがあるだろう。

 

10分。