読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:1年1組(第2回)

2016年度1年1組

◯ 絵本 『みずたまり』 なかのひろたか (こどものとも2002年6月号)

◯ 絵本 『みどりのホース』 安江リエ/作、やぎゅうげんいちろう/絵

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/作、スズキコージ/絵

 

 先生もいらして、みんな静かに席についていた。このクラスはおとなしい感じ。

 

『みずたまり』

f:id:chocolate_doughnuts:20150709102337j:plain

 昨日は一日中雨で今朝は曇だったので、私のお気に入りのこの絵本を選んだ。単行本になっていないのがほんとに残念な1冊。二度と手に入らないと思うので、大事にしなくては。

 庭にできた水たまりから、魚やペンギンやオットセイなどが次々に出てくるところでは、「すごい~」「ええっ!?」と声が上がった。

 そして、主人公の男の子が、その動物たちと一緒に空に飛んで行くところ辺りからはぽかんとして見入っていた。

 何度読んでも楽しい絵本だなぁ~。

 

『みどりのホース』

みどりのホース (こどものとも傑作集)

 これも、夏には欠かせない1冊。

 ホースがしゃべるのもおもしろいし、ホースのおかげでいろいろな出会いがあって冒険っぽいし、水を浴びたりする場面は涼しさを感じられる。

 子どもたちは静かに聞いていた。

 さっきの『みずたまり』もそうだが、こどものともシリーズでこのように横長の絵本は、正直言って持つのが大変。めくる時に、どうしてもぐらぐら揺れてしまう。そして、持っている時にも真ん中を持たないと支えられないのだが、ちょうどその手が当たるところに大事な絵があったりすると、見せる時に苦労する。なにかいい方法はないものか。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 あと1分だったが、定番の『もりもりくまさん』を読むことにした。このクラスでは初めて。今朝2階の図書館に寄ったら、この絵本を新しく購入してくれていたので、そのこともあって、ちょうどいいと思ったのだ。

 スズキコージさんの絵は、鮮やかな明るい色彩と大胆な構図ですごい迫力。そして、言葉は調子がよく、今日は時間の関係で早口バージョンで読んだのだが、それも楽しんでくれた。

 時間にピッタリ収まった。

 

 ちょうど10分。