読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:5年2組(第2回)

2016年度5年2組 ブックトーク

◯ 本の紹介・朗読 『ウェイサイドスクールはきょうもへんてこ』ルイス・サッカー/作、野の水生/訳、きたむらさとし/絵

◯ 絵本 『かぞえうたのほん』 岸田衿子/文、スズキコージ/絵

 

 久しぶりの5年生。体格が良くてびっくりした。大きいなあ。やっぱり高学年ともなると、ぜんぜん違う。態度もきちんとしていて、さすがだ。

 

『ウェイサイドスクールはきょうもへんてこ』

ウェイサイド・スクールはきょうもへんてこ

 まず、前に5年1組で紹介した『ウェイサイドスクール・・・」シリーズを2冊見せて、

「これ見たことある人?」

と聞いてみた。二人、手をあげた。以前1組で紹介した後、学校の図書館で目立つところに出してもらったからかな。

「読んだことある人?」

誰もいない。

 まず、ウェイサイドスクールが、各階に1教室ずつしかない30階建ての学校だということを説明。その30階クラスの一人ずつが主人公になった短いお話が30話入っている。

 その第一話を朗読した。担任のミセス・ゴーフの話。この先生は、生徒を次々リンゴに変えてしまうとんでもない先生。最初からぶっ飛んだ話なのだ。

 子どもたちはシーンとして真剣に(?)聞いていた。

 1組にしたときよりは、うまく紹介できたと思う。読んでくれる子が出るといいけど。

 

『かぞえうたのほん』

かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)

 少し時間が余ったので、定番絵本からこれを。

 おなじみなので笑いは起こらなかったけど、まあいいか。

 

10分