読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:6年2組(第3回)

◯ 本の紹介 星新一の本

◯ 朗読 『妖精』(『ねらわれた星』より) 星新一

◯ 絵本 『こんにちワニ』 中川ひろたか/文、村上康成/絵

 

ねらわれた星 (星新一ショートショートセレクション 1)

ボッコちゃん (新潮文庫)

 

 星新一を知っている子はいないようだったので、ショート・ショートについて軽く説明をして、ヤングアダルト向けに編集された本を何冊か見せた。さらに、文庫本の方も見せて、「この中にいくつぐらいのお話が入っていると思う?」ときいた。「20?」などと聞こえたが、正解は50!

 

『妖精』

 『ねらわれた星』の中から、『妖精』を途中まで朗読した。オチの手前でストップ。時間が気になってちょっと早口気味に鳴ったせいか、2年前より食いつきが悪かった気がする。

 それでも、誰か手に取ってくれるといいのだが。

 文庫本ならこの『妖精』は『ボッコちゃん』に収録されているので、それも紹介した。

 

『こんにちワニ』

こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック)

 間もなく卒業でお別れなので、最後に懐かしい『こんにちワニ』で締めた。あまり反応はなかったけど、心の中では何か感じてくれたと思う。

 

10分。