読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:2年2組(第2回)

2016年2年2組

◯ 絵本 『ぼくのしろくま』 さえぐさひろこ/文、西巻茅子/絵

◯ 絵本 『おばけのこもりうた』 せなけいこ

◯ 絵本 『へろへろおじさん』佐々木マキ 「こどものとも」2014年2月号

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/作、スズキコージ/絵

 

 数分早く始めさせてくれた。

 

『ぼくのしろくま

ぼくのしろくま

 

 これはとても可愛いお話しで、西巻茅子さんの絵もピッタリ。

しろくまを飼いたいと願っていた「ぼく」の妄想と、実際に飼うことになった白猫の「しろくま」との生活がリンクして、ほのぼの~。

 守られる立場を夢見ていたのに、逆に守る立場になって、その喜びもわかるようになった「ぼく」の成長を表しているのかも。

 

『おばけのこもりうた』

おばけのこもりうた (せなけいこ・おばけえほん)

 これはお化けの子守唄だが、数え唄になっている。

 ひとつ ひとつめこぞうが あくび

 そろそろ おやすみ ねんねんよう

 という具合に、毎ページ違う、伝統的なお化けが出てくる。子どもはお化けや妖怪が大好きなので、興味を持ってみていた。「やまたのおろち」ってなんだろう?と思ったみたいなので、ちょっと説明をした。

 

『へろへろおじさん』

f:id:chocolate_doughnuts:20150115135423j:plain

 これは定番絵本なので、すでに何度か読んでいる。

「あ、アイス買ってくれるんだよね」

「落ちてくるよ」

と覚えている子がネタバレを口にするけど、どうせみんな知っているのだから問題ない。

 内容を知っていても楽しいこの絵本、ハードカバーにならないのかなあ。 

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 これも定番絵本。

「あ、知ってる!」

「早口言葉!」

などと声が上がる。確かに早口で読むときもある。色々楽しめるのがこの本の良いところでもある。

「腕、でかい!」

「そんなに食べられるの?」

「蜂に刺されるよ!」

何回目でも驚いたり笑ったりしてくれる。

 

13分。