チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:3年2組(第1回)

◯ 絵本 『はずかしがりやの れんこんくん』二宮由紀子/文、長野ヒデ子/絵

◯ 絵本 『へろへろおじさん』 佐々木マキ

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

 

早めに廊下で待っていたら、先生が「ちょっと早いけど、どうぞ」と始めさせてくれた。ラッキー。

40人ぎりぎりの1クラスなので、教室に机がぎっしり。でも、みんな行儀よく、興味津々で聞いてくれた。

 

『はずかしがりやの れんこんくん』

はずかしがりやのれんこんくん (絵本・こどものひろば)

 絵がはっきりしていた、とても見やすい。そして、特に最後の蓮の花が咲いた場面がとってもきれいなので気に入った。

 お話は、いつも土の中に隠れている恥ずかしがり屋のれんこんくん。体に穴があいているからなんだって。 そこで、どじょうや魚やトンボたちが、れんこんくんのいいところを一生懸命探してくれる。そのやりとりも(子どもは気づかないかもしれないけど)ちょっと含みがあっておもしろい。

 やがて、れんこんくんは実は水面の蓮の葉を支えているのだとわかり、みんなに感謝される。そして、夏になると一面に花が咲き・・・。

 

『へろへろおじさん』

へろへろおじさん (こどものとも絵本)

 今日もこれを読むことにした。私のお気に入り。

 手紙を出しに出かけたおじさんが、次々と災難に遭う。子どもたちは、階段から落ちた場面では「あ、これ、痛いんだよね」(経験あるんだね)と言ったり、マットをたたいている女の人が出てくると「あ、嫌な予感」「やっぱり~」などと笑いながら楽しんでいた。

 でも、やっぱりアイスクリームを落としたところでは、笑わずにしーんとして同情している様子。最後は優しい女の子がアイスクリームをくれて、ハッピーエンド。よかったね。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 これはお馴染みの定番なので、覚えている子も多かった。

「わお!」が毎ページ出てくるのがおもしろいみたいで、真似する子が結構いた。

明るい大胆な絵と、調子の良いことばで、元気になる絵本。

「今日も、もりもり元気に過ごしてください」と言って終わりにした。

 

13分。

 

 

 

 


 

 

 

朝の読書タイム:2年3組(第2回)

◯ 絵本 『あめのちゆうやけ せんたくかあちゃん』 さとうわきこ (こどものとも2013年4月号)

◯ 絵本 『へろへろおじさん』 佐々木マキ

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

 

 早めに行って待っていたら、先生が数分早く始めさせてくれた。こういう数分ってありがたい。これだけでだいぶ違う。

 

『あめのちゆうやけ せんたくかあちゃん

f:id:chocolate_doughnuts:20180608103837j:plain

 せんたくかあちゃんシリーズは3冊あるが、これは単行本になっていないもの。それでも、知っているという子はいた。

 子どもたちの反応は良くて、例えば川を流れてくる汚いものを「なんだろう?」「あ、星だ」「月だ!」と声に出していた。邪魔にならないちょうどいい程度なので、進めやすかった。

 最後に星や月をシャボン玉に乗せて空に帰す場面には、納得していた様子。

 

『へろへろおじさん』

へろへろおじさん (こどものとも絵本)

 これは私のお気に入りで、何度も読んでいる定番絵本のひとつなのだが、最近「講談社出版文化賞」を受賞したとのニュースを見た。

www.fukuinkan.co.jp

 この絵本はいつでも子どもたちに大受け。今日も、よく笑った。次はどんな災難が降りかかるのか予想したり、その結果に笑ったり。

 でも、最後にアイスクリームが落ちてしまったときには誰も笑わなかった。これは、つい共感してしまうから笑えないよね。佐々木マキさん、うまく作ってある。

 そして、その後の思いがけないハッピーエンド。子どもたちもホッとしたことだろう。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 まだ少し時間があったので、これを読むことにした。これも私の定番絵本。

 表紙を見せたとき「クマ、怖そう・・・」と言う子がいたが、読み始めたら楽しい内容なので喜んでいた。ほぼ毎ページに出てくる「わお!」に反応したり、くまさんのすごい食欲や力こぶなど、大胆な絵にも笑ったり驚いたりしていた。

 初めてなので、各ページゆっくりと良く見せながら進めた。

 

 12分ぐらい。

 

朝の読書タイム:1年2組(第1回)

◯ 素話 『ふくらし粉』

◯ 絵本 『こんにちワニ』 中川ひろたか/文、村上康成/絵

 

 このクラスは初めてだが、児童館でおなじみの子がたくさんいて、声をかけてくれた。時間前から廊下で待っていたが、プリント直しをしていて忙しそう。それでも8時15分ちょうどにはちゃんと入れてもらって、始める。

 

『ふくらし粉』

 1年生の最初には、やっぱりこれ。 

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

  みんな、目を輝かせてかぶりつきで聞いてくれた。答えるところはちゃんと答えてくれたし、ワクワクしている様子もわかった。

 最後に「誰に最初にあげたでしょう?」と聞いたら、やっぱり「男の子」という声が聞こえたので、今日はちゃんとそれを汲み取って「そうだね。ふくらし粉をしっかりと持っていた男の子に最初にあげて・・・」としました。

 

『こんにちワニ』

こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック)

 締めはこれ。初めてなので戸惑っていたようだが、時々笑ってくれた。

 

10分。

 

 

2018年度5回目の児童館おはなし会

Oさん◯ 絵本 『みんな おなじ でも みんな ちがう』 奥井一満/作、得能通弘/写真 

Oさん◯ 紙芝居 『ふしぎなおとしもの』 山本省三

私  ◯ 素話 『花に化けた山姥』

私  ◯ 絵本 『まゆとおに』 富安陽子/作、降矢なな/絵

 

 初夏の陽気でみんな元気よく外で遊んだあと、しばし横になって休憩していた。先生が「あと1分たったら起きて」というと、それぞれ60数えてから起きてきた。40人位いる。

 

『みんな おなじ でも みんな ちがう』

みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

 ページいっぱいに同じものの写真が並んでいる。でも、よくよく見るとひとつひとつ少しずつ模様や形が違う。できれば、個人でじっくり眺めたい絵本だ。

 この人数なので子どもたちは「さくらんぼ!」「きのこ!」「そらまめ!」など競って声を上げ、ただの当てっこになってしまい、絵本の趣旨は伝わらなかったように思う。

 

『ふしぎなおとしもの』

f:id:chocolate_doughnuts:20180604180605j:plain

 次はお話の紙芝居だったので、今度は静かにちゃんと聞いていた。

 おばあさんは金貨の入った壺を拾ったはずが、引っ張って帰る道々、次々に変わって、最後にはオバケだったことがわかる。でも、そのオバケは寂しくて遊びたかったとのことで・・・。

 楽天的で明るい話。

 

『花に化けた山姥』

 これはちょっと怖い。貧しい村にやってきて餅を奪っていく山姥。なんとかやっつけようと庄屋さんが、餅に似た石を真っ赤に焼いて山姥の口に入れると・・・。

 そこでめでたしめでたしかと思いきや、山姥は思わぬ形で復讐しに来る。

 庄屋さんが食べられてしまう、まさかの結末に、子どもたちはちょっとびっくりして「それからどうなったの?」ときく子もいた。

 

『まゆとおに』

まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)

 これは人気の絵本だけあって、「知ってる」の声。でも、読み始めると、可愛らしい「まゆ」の見た目に似合わぬ怪力に「え~!?」「すげ~」などと驚いたり笑ったりしていた。

 お話も絵も素晴らしくて、みんな釘付けだった。やっぱりこれはいい絵本だなあ。

20分~25分ぐらい。

朝の読書タイム:6年2組(第1回)

◯ 絵本 『水たまりの王子さま』 山崎洋子/作、安井淡/絵

 

 6年生になってまだ日も浅いのに、どことなく最上級生の風格が出ているのがすごい。

 

『水たまりの王子さま』

水たまりの王子さま

 これは、いつも6年生に読むことにしている。11分ぐらいかかるのだが、ぜひ聞いてほしい、感動的な話だ。もとは一人芝居のミュージカルだったとか。

 全編、スリの男のべらんめえ調の語りになっている。2階の窓から純真な少女に話しかけられるところから、この男の人生が変わっていく。

 5歳の頃の怪我で歩けなくなった少女は窓から見える水たまりに映った空を「わたしの空」と呼ぶ。そして、スリの男の頬に刀傷があるのを見ると「あなた、しあわせの王子さまだわ」と喜ぶ。なぜそんなふうに思ったのかは最後にわかるのだが。

 最後は悲しい。泣きそうになる。でも、いい話だ。

 

 少し早く始められたので、ちゃんと時間内に終わることができた。

朝の読書タイム:4年1組(第1回)

◯ 素話 『白い石と黒い石』

◯ 絵本 『ぱくぱく はんぶん』 渡辺鉄太/作、南伸坊/絵

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

◯ 絵本 『こんにちワニ』 中川ひろたか/文、村上康成

 

 少し早めに教室の前で待っていたら、担任の先生がいらして、どうぞ、と言われたので、5分くらい(?)早く始めることができた。

 

『白い石と黒い石』

 まずは、4年生に毎年語っている、この話。 

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

  みんな熱心に聴き入って、最後は「おお!」と納得した顔をしてくれたのでよかった。やっぱり4年生にピッタリだ。

 

『ぱくぱく はんぶん』

f:id:chocolate_doughnuts:20171106182225j:plain

 そして、いつもその話とセットにしている、この絵本。単行本になっていないが、いい絵本なので、この月刊誌を大事にしている。

 おばあさんのケーキが、みんなに半分ずつ食べられていき、どんどん小さくなっていくのがおもしろい。

 児童館で聞いた子もいるからか、反応は薄かったが。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 早く始められたため、まだ時間があった。それで定番絵本を読むことにした。でも、それほど馴染みではなかったみたい。6年生まで読み聞かせに入るようになってから、1つのクラスに入る回数が減ったからかもしれない。

 初めてみたいな顔をして楽しんでくれた。もしかして、ほんとに初めてだった子もいる?

 

『こんにちワニ』

こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック)

 最後はこれ。1人か2人、声を出して言ってくれる子がいた。クスッと笑う子もいた。

 

 これでも1分くらい余して終わりにした。早く始めさせてくれたからね。

 

 

 

 

 

図書館でのおはなし会(テーマ:おさんぽ)

図書館職員◯ 手遊び『ウサギさん』

図書館職員◯ 人形あそび『くまさんのお出かけ』

図書館職員◯ 絵本 『さんぽだいすき』 岸田衿子/文、長新太/絵

私    ◯ 紙芝居 『あひるのぴいぴいと ひよこのぴっぴ』 ステーエル/作、二俣英五郎/絵

Sさん   ◯ 大型絵本 『ぼくのくれよん』 長新太

Nさん   ◯ 絵本 『ほーらね できたよ』 片山令子/作、はたこうしろう/絵

私    ◯ 大型絵本 『たろうくんのじどうしゃ』 山本忠敬

図書館職員◯ 絵本 『ももんちゃん のっしのっし』 とよたかずひこ

図書館職員◯ 手遊び 『さよなら あんころもち』

 

  一般親子2組と、近くの保育園の園児14人が来てくれた。0~2歳ぐらい。みんな、行儀よくちゃんと聞いてくれた。

 

『ウサギさん』

 まず、図書館職員がおはなし会を始める導入として手遊びをした。赤ちゃんたちは実際には手を動かす様子はなかったが、お母さんや大きい子達数人は一緒にやっていた。

 

『くまさんのお出かけ』

 次に、別の図書館職員が、小さなクマの人形と腕を使って、くまさんが一本道を散歩して戻っていくというミニ人形劇をした。とてもかわいくて、みんな目が釘付けになっていた。この職員は男性なので、声がとても良かった。

 

『さんぽだいすき』

さんぽ だいすき (あかちゃんとよむえほん)

 ブタが散歩に出かけるためにいろいろ準備をする。その姿がかわいくて「ブタさん!」と声を掛ける子どもがいた。長新太さんの絵は大胆で、色も鮮やか。内容は単純なので、赤ちゃん絵本としてとてもよい。

 

『あひるのぴいぴいと ひよこのぴっぴ』

あひるのぴいぴいとひよこのぴっぴ (ぴよぴよシリーズ)

 次は私の紙芝居。あひるのぴいぴいと、ひよこのぴっぴが生まれて、一緒にお出かけするお話。あひるの子のぴいぴいより、ニワトリの子のぴっぴの方が小さいので、ぴっぴの台詞はちょっと赤ちゃんっぽい声にしてみた。

 ぴいぴいは池でスイスイ泳ぐが、ぴっぴも真似して泳ごうと飛び込むと溺れてしまって、危うくぴいぴいに助けられるなど、事件もある。

 だんだん進むと、聞いている子の中から「ぴっぴ」などオウム返しに唱える子が出てきてかわいい。 

 全体的に単純だけど、言葉のリズムがいいので、小さい子の耳に心地よいようだ。

 

『ぼくのくれよん』

大型絵本 ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)

 次はSさん。大型絵本で再び長新太作品。今度は大きなクレヨンで、ゾウが大きな絵を描く話。大型絵本ならではのダイナミックな絵が映える。実際のクレヨンで描いたタッチで、それもリアルだ。本当にお絵かきしているような気分になる。

 

『ほーらね できたよ』

ほーらねできたよ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

 私たちのサークルの新人Nさんが、図書館でのデビュー。

 この絵本は、クマの坊やが自分でいろんなことに挑戦するかわいいお話。そして、「ほーらね、できたよ」が繰り返される。そのフレーズを気に入った子がいて、それがでてくるたびに「ほーらね、できたよ」と繰り返す。その輪が広がって数人が一緒に唱えるようになった。微笑ましい。

 

『たろうくんのじどうしゃ』

たろうくんのじどうしゃ (大きな大きな絵本)

 たろうくんが描いた絵の中から、自動車が抜け出して走り出す。途中でブルドーザーやクレーン車、清掃車に出会って、それぞれの部品を付けてもらう。そしてたろうくんの机の上に戻ってくると、くれよんが散らばっているので・・・。

 自動車が好きな子には、たまらないだろう。絵も大きくてはっきりしていて、わかりやすい。

 

『ももんちゃん のっしのっし』

ももんちゃん のっしのっし (ももんちゃん あそぼう)

 人気のももんちゃんシリーズ。 

 今回のももんちゃんは、牛を従えて、のっしのっしと歩いていくと、次々といつもの仲間が加わっていく。大人が見ると「そんなの有り?」というような場面もあるが、子どもはすんなりと受け入れている様子。

 

『さよなら あんころもち』

 最後に図書館職員がいつもの締めの手遊びをして終わり。

 

30分弱かな。