チョコドーナツの読み聞かせボランティア記録

子どもたちへのおはなし会の記録です

おはなし会の記録(小学校や児童館等での絵本読み聞かせ、紙芝居、素話など)

朝の読書タイム:6年1組(第1回)

◯ 絵本 『しりっぽおばけ』 ジョアンナ・ガルドン/再話、ポール・ガルドン/絵、代田昇/訳

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

 

 さすが6年生。先生がいらっしゃらなくても自分たちでちゃんと席について、「どうぞ」とわざわざ招き入れてくれた。

 このクラスは今年度初めて。

 

『しりっぽおばけ』

しりっぽおばけ

 暑いので、怖い話を持ってきた。小さい子たちは本気で怖がっちゃうけど、6年生ぐらいならちょうどいいかな、と思って。

 これは思ったより長くて、10分ちょっとかかる。だから今日は少し早めに始めさせてくれて助かった。

 お話は、森の中の丸太小屋で3頭の犬と一緒に暮らしているじっさまが主人公。仮がうまく行かず、お腹をすかせていたところへ、丸太の隙間から入り込んできた不思議な動物があった。じっさまは、すぐにその太くて美味しそうなしっぽを斧で切り落として食べた。

 その後、不気味なガリガリという音や、「しりっぽ、しりっぽ!おれの しりっぽ・・・」という低い声が襲ってくる。

 ジリジリとじっさまを追い詰めていくところが、静かに怖い。そして、最後はまさかのバッドエンド。

 子どもたちはただ静かに聞いていた。

 私はちょっと過剰演技になってしまったかもしれない。そのくらい、のめり込んでしまう大好きな絵本。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 少しだけ時間が余ったので、気分直しに楽しい定番絵本を出した。これを出すと、みんなの顔がパッと明るくなる。いい絵本だな。

 

13分ぐらい。

 

 

朝の読書タイム:4年1組(第2回)

◯ 絵本 『せかいいちうつくしいぼくの村』 小林豊

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

◯ 絵本 『こんにちワニ』 中川ひろたか/文、村上康成/絵

 

 2階の図書館に立ち寄って、来週の6年生のことを考えたりしているうちに、今朝はどのクラスだったか度忘れしてしまい、階段を登ったり降りたりウロウロしてしまった。それでも、時間前に始められたから良かったけど。

 

『せかいいちうつくしいぼくの村』

せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)

 4年生が2学期に国語で習うこの物語を先取りで読んで聞かせることにした。絵が大きくて美しく、たっぷりあるので、教科書で読むのとは違うと思う。

 みんなしーんとして聞いていた。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 次に定番のこの絵本を出すと、子どもたちの顔がフッと緩んで嬉しそう。しんみりした気分になっていたので口直しに、明るいこの絵本はちょうどいい。

 

『こんにちワニ』

こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック)

 「あと1分あるよ!」と言ってくれた子がいたので、「じゃあ、1分で読める絵本にしよう」と私。「ええっ?」「あ、こんにちワニ」と当てた子もいた。

 これは実は1分もかからない。おなじみのダジャレで楽しく最後を飾った。

 

13分ぐらい?

朝の読書タイム:2年3組(第2回)

◯ 絵本 『きつねどん』 洞野志保/再話・絵

◯ 絵本 『カニツンツン』 金関寿夫/文、元永定正/絵

◯ 絵本 『もりもりくまさん』 長野ヒデ子/文、スズキコージ/絵

 

 2年生も七夕飾りを作っていた。短冊を見ると1年生とは大違いで、びっくりした。しっかりした字で、漢字も使って書いている。1年でこれほど進歩するのだ。子どもってすごい。

 

『きつねどん』

きつねどん

 ハンガリーの民話だそうだ。「ハンガリーって国、知ってる?」と聞くと、「聞いたことある」「知ってる」など。

 洞野志保さんというのは私は知らなかったが、なんともしっかりした絵を描く人だ。白地を残さず、がっちり描く。動物は服を着て歩いているものの、結構リアル。

 お話は、3回繰り返して4回目にどんでん返しという古典的なパターン。

 ずるがしこいキツネがお人好しのアカギツネ、オオヤマネコ、オオカミ、と次々に騙してニワトリやガチョウや子豚をせしめて食べる。そこまでの3回は台詞もほとんど同じで、動物が変わるだけ。でも、どうなるかな、どうなるかな、とドキドキ感が盛り上がる。

 ついに、クマのところへ来た時、台詞がちょっと違うことに気づく。そしてキツネは・・・。

 初めは「きつねうどん?」などとふざけていた子どもたちも、お話が始まるとみんな静かに聞いていた。

 

カニツンツン』

カニ ツンツン (こどものとも傑作集)

 これは私の定番絵本の一つで、月刊誌を使っていたのがぼろぼろになったため、ちゃんとした単行本を買ったもの。

 このクラスでは初めてだったらしく、意味のわからない言葉の羅列に、クスクス笑いが起こった。やっぱり楽しいんだよね。私は久しぶりだったせいか、読むのがちょっと大変だった。練習しないと。

 

『もりもりくまさん』

もりもりくまさん (たんぽぽえほんシリーズ)

 これを出すと、みんな嬉しそうな声を上げた。「あ、それ!」「もりもりもりもり」「わお!が出てくるやつ」

 いつものように楽しく読めた。ちょうど時間ピッタリ。

 

 少し早めに始めさせてもらえたので、13分ぐらい。

 

朝の読書タイム:1年2組(第2回)

◯ 絵本 『サラダでげんき』 角野栄子/作、長新太/絵

◯ 絵本 『かぞえうたのほん』 岸田衿子/文、スズキコージ/絵

 

 各クラスの廊下には七夕飾りが華やかに飾られていた。思わず短冊を一枚一枚見てしまう。「やきゅうせんしゅになれますように」などに混ざって、「かぞくがけんこうでながいきできますように」というのもあった。

 

『サラダでげんき』

サラダでげんき (こどものとも傑作集)

 これは1年生の国語の教科書に出てくる話だが、まだ習っていないので先取りで読んであげようと思って持ってきた。知っている子はいなかった。

 風邪を引いたお母さんが元気になるようにと、りっちゃんはサラダを作ることにする。すると、次々といろいろな動物がやってきて、鰹節を入れるといいとか、ハムを入れろとか、アドバイスをくれる。

 北極海のシロクマからカタカナの電報が来るところは、今の子供達にわかるかな?と少し不安になった。おまわりさんが馬に乗ってくるというのも、すごい。

 最後は、なんと飛行機に乗ってアフリカのゾウがやってきて、サラダの仕上げをしてくれる。

 長新太さんの明るい絵と、楽しいお話のおかげで、ほんとに元気になれるような絵本だ。

 

『かぞえうたのほん』

かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)

 これは私の定番絵本のひとつ。このクラスで読むのは初めてだが、知っている子が多かったようだ。笑ったりもせず静かに聞いていたので、ちょっと拍子抜け。せめて「へんなひと かぞえうた」のところでは笑ってほしかったなあ。

 

 これでギリギリ10分。

 

2018年度6回目の児童館おはなし会

Oさん◯ 絵本 『わたしのうみべ』 長新太

Oさん◯ 紙芝居 『さんごのくにの おきゃくさま』 やえがしなおこ/脚本、くずはら順子/絵

私    ◯ 素話『7月7日のカッパ』

私       ◯ 絵本 『やまからきた ぺんぎん』 佐々木マキ

 

 とても暑い日だった。子どもたちは汗だくで遊んでいた様子。ちょうど中に集まって、館長先生の支持で静かに寝転んでいるところだった。

 

『わたしのうみべ』

わたしのうみべ

 

 毎朝、海辺に不思議なものが打ち上げられている。

 ページを開くたびに子どもたちは「え~っ!「ありえない!」などと大騒ぎ。読む声が聞こえなくなるほどだった。反応があるのはいいけれど、けじめがなくて困った感じ。

 

『さんごのくにの おきゃくさま』

 

さんごのくにのおきゃくさま (ともだちだいすき)

 絵がはっきりしていて見やすく、遠目がきく。

 お話は、ちょっと浦島太郎と似ているところもある。最後に悪役の二人が海に落ちたところでは「死んだの?」と気にしていた。イソギンチャクとナマコになって海の底にいる・・・ときくと「ありえない~!」だって。

 

 ここで私に交代。「なんだかちょっと口が忙しい子がいたね」と言うと、まさにその調子に乗りまくっていた男の子が間髪入れずに「それ、俺!」と悪びれない。

 でも、私がちゃんと顔を見ながら素話を始めると、みんな静かになった。

 

『7月7日のカッパ』

 この話は、ちょうど3年前の今頃にも児童館で語ったもの。

 我が子が生まれたときに神様たちが「あの子は7歳の7月7日にカッパに命を取られる」と話しているのを聞いてしまい、なんとか助けたいと願う男。

 割と単純な話だが、子どもたちはよく聞いていた。

 

『やまからきた ぺんぎん』

やまからきたぺんぎん (おはなしえほんシリーズ)

 山で魚ばかり食べていたペンギンが「かき氷を食べたい」と街へやってくる。暑さにへとへとになりながら、やっとかき氷屋さんを見つけてかき氷を夢中で食べるが・・・。

 事件に巻き込まれたりして、結構おもしろい。みんなよく聞いて、笑ってくれた。

 今日はとても暑かったので、この絵本はぴったりだった。

 

 

 

  

 

 

 

朝の読書タイム:6年2組(第2回)

◯ 本の紹介と朗読 『ボタン星からの贈り物』 星新一

星新一ショートショートセレクション〈14〉ボタン星からの贈り物

 

 このクラスは今年度2回め。今日は毎年6年生に紹介している星新一の本にした。

 私が持っているのはどれも古い文庫本だが、今では子ども向けに編集されたものがシリーズで出ている。全部ふりがなが振ってあり、おしゃれなイラストもついている。

 今日選んだのは『ボタン星からの贈り物』の中から表題作。

 倒産寸前の会社が、神にもすがる思いで星に向かって助けを求める信号を送る。すると、思いがけず返電があり、助けてくれるという。その星から新製品の設計図を送ってくれ、会社でそれを製造販売して倒産の危機を乗り越える。それからも頼むと、次々と新製品の設計図を・・・

 これは8ページぐらいのショートショートなのだが、10分の持ち時間では読みきれない。気づかれないように時計をチラ見しながら読んでいたが、ちょうど最後の数ページ、オチに入るところで時間になったので、

「続きは図書館で読んでください。図書の先生に『星新一の本はどこにありますか』ってきけば教えてくれるからね。この後どんな結末になるか、自分で想像してみてもいいですね」

と言って締めた。

とにかく、図書館に足を運んでくれればいいな。

 

10分。

朝の読書タイム:5年1組(第1回)

◯ 絵本 『からすたろう』 やしまたろう

◯ 絵本 『かぞえうたのほん』 岸田衿子/文、スズキコージ/絵

 5年生になって初めての読み聞かせ。先生がいらっしゃる前から、お互いに声を掛け合ってすぐに席に着いた。

 

『からすたろう』

からすたろう

 

chocolate-doughnuts.hatenablog.com

 今の子供達の曾祖父さんか、そのもっと前ぐらいの時代の話。じーんと来る重い内容なので長く感じるが、ゆっくり読んでも5~6分。

 5年生の子どもたちは静かに聴き入っていた。

 

『かぞえうたのほん』

かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)

 ガラッと変わって、楽しい言葉遊びの絵本。これは定番なのだが、1クラスあたりの回数が減ってから、あまり読めなくなっていた。

 「これ、覚えてる?」と聞いても、首を傾げる子が多かった。

 時間ギリギリになってしまったので、ちょっと早口で読んだ。5年生なので、控えめにクスッと笑う程度だった。

 

10分。